調査手法・技法

Research Methods
調査目的、調査課題、インタビュー項目、対象者属性、など、あらゆる要素を検討して、最適な調査手法をご提案しています。

Research Techniques

インタビュー調査で活用してきた調査技法

ブランドや商品に対して感じている価値やイメージ、購買プロセスなどをより詳細に把握したり、対象者のホンネを引き出すために、投影法(projective method)と呼ばれる心理学的な技法を含め、様々な調査技法を活用してきました。
  • ●言語連想法 (WAT, word association test)
  • ●文章完成法 (SCT, sentence-completion test)
  • ●ストーリー法 (Story telling)
  • ●主題統覚検査 (TAT, Thematic Apperception Test)
  • ●擬人法 (Personification)
  • ●擬物法/記号化 (Symbolizing)
  • ●カトゥーンテスト (Cartoon test)
  • ●描画法 (Psycho drawing)
  • ●関与度曲線 (Relevance curve)
  • ●しあわせ曲線 (Hapiness curve)
  • ●違背実験 (Breaching experiment)または 飢餓調査 (Temporary starvation)
  • ●ラダリング (Laddering)
  • ●フォト・ソーティング (Photo sorting)
  • ●コリドー (Corridor) または空間連想法
  • ●死亡広告 (Obituary) または 感謝状 (Grateful Letter)
  • ●マイ・ベンダー (My Vender)
  • ●ロール・プレイング・ゲーム (Role playng game)または ディベート(Debate)
  • ●ワード連想マップ (Word association map)
  • ●ペルソナ法 (Persona)
  • ●コンタクトポイント (Contact point)
  • ●購入プロセス凝縮法 (Buying process)
Serviceリサーチサービス
About Usアクセス・ジェーピーについて
Recruit採用情報
Monitor調査にご協力いただく方へ
Contactお問い合わせ