04

共創未来会議

Co-creation-Miraikaigi
感度の高い生活者のワークショップで
新しいアイディアを創造する手法です。

Overview

そもそも、どんな手法?

  • 未来会議は、生活者と企業の担当者が同じテーブルを囲み、一緒に共創しながらワークショップを実施することで、生活者ニーズに基づいたアイティアや仮設を抽出します。
  • 仮設探索=コンセプトや施策のアイディエーションに最適な手法です。
  • ワークショップを通じて生活者の想いを直接感じ、またこれまで思いつかなかった新しい発想を得ることで、生活者が求める商品・サービスを開発することができます。

Cases

こんなケースに使います

  • カテゴリやブランドについての新しいコンセプト・アイディアを創りたいケース
  • 生活者と直接触れ合いながら実態やニーズを理解したいケース
  • プロジェクトの関係者を巻き込みながらコンセプト・アイディアを創ることで、意思決定をスピーディーに進めたいケース

Points

この手法のメリット

  • 一緒にテーブルを囲み、一緒に考えることで、生活者を肌で体感することが可能です。生活者の理解が深まります。
  • 質問も自由、その場で疑問を解消できます。
  • ワークショップのルールで進めるため、刺激を受け合いながら発想が広がり、アイディアがアイディアを呼びます。
  • SNS上に投稿された生活者のコトバなど、さまざまな生活者データを刺激として、生活者インサイトに基づいたアイディアを開発できます。
Serviceリサーチサービス
About Usアクセス・ジェーピーについて
Recruit採用情報
Monitor調査にご協力いただく方へ
Contactお問い合わせ