インターナショナル調査

インターナショナル リサーチ グループには海外調査の経験が豊富な日本人リサーチャーの他に、アメリカ/台湾出身のスタッフが在籍しており、 「海外の企業が日本国内で行う」「日本企業が海外で行う」定性/定量調査のいずれにも対応しています。

地図:アジア
現在の留学生パネル対象国
  • ・韓国
  • ・タイ
  • ・中国(北京、上海、広州)
  • ・中国(香港)
  • ・インドネシア
  • ・マレーシア

特長

  1. 主として、アジアの国・地域を中心に調査を行っています
    最近の調査実績でいうと「日本企業からの依頼で海外で行う調査」では主にアジア地域を対象とした調査が多く、特に多いのは中国での調査で、上海 、広州 、北京 、香港 、成都 といった主要都市で実施経験があります。
    「海外企業からの依頼で日本国内で行う調査」ではヨーロッパ(フランス、スペイン、ドイツ等)にある企業からの定性調査の依頼が多い傾向にあります。
  2. 各国の調査会社と協力して調査を行っています
    海外での調査を実施するにあたり、グローバル調査会社ではなく、信頼のおける現地調査会社をパートナーとして、調査の企画・運営を行っています。弊社スタッフは現地を視察し、該当国で調査を行うにあたって細かい調査ニーズにも柔軟に対応することができ、品質を重視しているかどうかを見極めた上で、現地の調査会社とパートナーシップを組んでいます。
  3. 日本在住の外国人留学生パネルを活用した調査も行っています
    弊社では、アジア各国から来日し首都圏に居住している留学生のご協力を得てネットワークを構築しており、出身国別の留学生パネルを設定して、各国の実態や意識を把握するためのインタビューを実施しています。海外現地調査を行わなくても、東京にいる留学生の声を通じて、最新の各国の生活事情を知ることができます。

    パネラーとなる留学生を選ぶにあたっての基本的条件は以下の通りです:

    • (1)日本語が流暢なこと
    • (2)日本にいても、母国の生活習慣や文化などの情報には詳しいこと
    • (3)頻繁に母国に帰っていて、母国の最近の状況がわかっていること

    また定期的にインターンシップとして学生の受け入れを行っています。

  4. 該当国の特性を考慮に入れた調査をご提案することが可能です
    具体的にどのような調査を実施したのか、
    例として、アジア各国で行った調査の 一例を以下に列挙します。
 
生活者の意識・価値観 自動車
  • 中国人の生活向上実態調査
  • 東南アジア各国における新世代出現実態調査
  • ベトナムにおける新消費者層意識、生活実態調査
  • 中国での新型自動車の受容性、構造把握の為の調査
  • 台湾における四輪キャンペーン効果測定調査
  • 台湾における小型車受容測定調査
トレンド、消費、カルチャー バイク
  • アジアトレンド調査及び日本文化の影響度測定調査
  • アジアトレンドの共通点を探る為の東南アジアネットグルイン
  • 台湾における哈日族(ハーリーズ)意識実態調査
  • 日本ブランドのコピー商品市場実態調査
  • 大型バイクの台湾における受容性把握の為の調査
コンピュータ 食品
  • PC広告の東南アジアでの共通展開の可能性を探る為の調査
  • 日本のPCブランド統一キャンペーン東南アジア調査
  • 米産PCブランドの韓国、中国における受容性測定調査
  • 中国での新食品・食材の受容性を探る為の調査
  • タイにおける新メニュー(食品)開発プロジェクト
クレジットカード アルコール飲料
  • カード事業の海外(韓国、台湾、中国)での展開の可能性を探る為の調査
  • 低アルコール飲料の中国での受容性確認の為の調査
  • 低アルコール飲料の韓国での受容性確認の為の調査
化粧品 ペット用品
  • 中国コスメティック実態把握の為の調査
  • ペット用品のアメリカでの受容性を探る為の調査
 
このページのトップへ